結婚と離婚に関する男女の恋愛を科学する

結婚と離婚について考察するブログです

結婚について思うこと

結婚する意味がわからない。と思ってた自分が結婚の【意味】を考えてみた

投稿日:2017年4月6日 更新日:

結婚は人生の大きな分岐点だった

思い切って結婚をしてそのまま幸せを感じ、人生を過ごしていく人も居れば、勢いで結婚をした後に「これで良かったのか?」「結婚したけど、結婚する意味って何だろう」と改めて考えると分からなくて悩みモヤモヤとした気持ちになる人もいるでしょう。これから結婚を考えている人にとってもこのテーマは意識してくることと思います。 人生の大きな分岐点だからこそ、自分が結婚する(した、してきた)意味とは何かを改めて考え、それが婚活を辞めたりすることになっても、自分の納得できる答えを見つけてあげる事が大切です。  

結婚について考えるきっかけになった理由

プロボーズをされた、した プロポーズをされて自分がそれを受ければ、その後の生活も考えるようになっていきますし、今から結婚をして生活していくわけなので結婚がより身近なものになり「結婚の意味」を考えるようになったりする事が多くなっていく人は多いです。 断ったにしても、プロポーズされたことにより「結婚の意味」を意識するようになっていくことでしょう。 プロポーズをする側はされる側より前もって心の準備もしているので、される側よりは「結婚する意味」に関しては考えがある程度まとまっているでしょう。

婚活に疲れたり、結婚願望が薄れてきたのもある

婚活を続けていき、その結果結婚に結びつかず時間が経っていくうちに疲れてきて「もうこれ以上続けても無理なんじゃないか?」と疑問を持ちなぜ結婚したいのか、そこまで疲れてでも「結婚する意味」はあるのか?などの考えになる事も。 または仕事で忙しく、自分が年齢を重ねていくうちに精神にも余裕ができたり、収入もしっかりと安定した額も貰えるようになり、結婚以外のいろいろな所に自分の目が向き、結婚願望が段々と薄れていく人もいるようです。

既婚者の話などを聞き、結婚のデメリットによく目がいくようになった時期もある

友達などが自分が結婚してない間に、どんどん結婚の報告が来ること、よくありますよね?身近にいる友人などと会った時に結婚のメリットももちろん話題にはなるけど、デメリットの話は耳に残りやすいので、段々聞いていくうちにメリットよりデメリットの方に目がいくようになり、「結婚する意味」は?どんなメリットがあるのかなどの考えでモヤモヤするパターンもあります。

結婚をした後により結婚の意味を考えるようになった 

プロポーズとも似てはいますが、こちらはプロポーズの直後ではなく、結婚をして生活していくうちにふと「結婚する意味」についての考えが頭にぼんやり浮かび考えるようになったり、しないと思っていた人が結婚した友人などの姿を見ているうちに結婚について考えるようになったりなどもあるようです。 少し時間が経った後にもう一度考えてみると前とは少し違う意味なったりなど。改めて「結婚の意味」と向き合う。というのも新たな発見がありいいと思います。

結婚をする意味とは 人間的に成長すること

昔は家の事情で結婚をしたり(今でも一部ではありますが)、生活をしていく為の結婚だったのですが、今の時代は「お互いの気持ちを最優先」させて結婚できる時代になったので、結婚観も昔とは変わっています。 そして結婚する上での「人間的に成長する」ということは、勉強をしたり、資格を取り、セミナーに行ったりすることではなく、生活していく中でお互いの悪いところが見えたり、ぶつかればそれを直し前に進んだりする事や、自分の子供達の命を大切にし、一緒に成長していく事などです。 結婚することによって成長する部分は必ずあります。ですがそれは人それぞれ違ってくる事なので、自分なりの成長を感じる事が出来るでしょう。

心のつながりだけではなく法的にもつながること

今まで心のつながりを持っていた関係から、法的にもつながり、恋人から家族になり、自分達だけではない周りの親戚などとも今まで以上に関わりを持ち深い関係を築いていきます。結婚は色々な責任もあり面倒なイメージは確かにあります。しかし「それでも一緒にいる覚悟」を示すものでもあります。自分の命も、家族の命も結婚した時から自分だけのものではない、家族たちと支えあう命だということです。

まとめ

ここまで色々と説明してきましたが、心から「結婚する意味」を感じるのは結婚生活をスタートさせてからになるでしょう。「結婚する意味」とはなんなのか?と考えた結果、見いだせなくて独身を選んだのだとしても、少し時間を置いてまた考えれば意味が見つかるかもしれないです。 しかし、毎回毎回考え抜くというのもオススメできません.まだ考えたほうがいいと思ったのならそのまま意味が出るまで考えるのもアリです。考えすぎも良くありませんし、考えすぎないのもよくありません。 人生の大事な選択なので、すぐしようと思ったら結婚し、少し考えたほうがいいと思ったのなら考えて、後悔がなるべく少ない決断をしましょう。

-結婚について思うこと

執筆者:


  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【経験談】海外で結婚式を挙げてみて分かったおすすめの地域と注意点

僕は海外挙式に憧れてた 国内での結婚式も良いけれど、海外で開放的に結婚式をしたい!という願望を持っている人も多いのではないでしょうか?今や海外ウェディングも人気で、新婚旅行とセットになったプランのパン …

【結婚式で流す映像】自分で作ったほうが安価?感動の映像で結婚式を彩ろう!

結婚式を映像で盛り上げよう! 人生の中でも最高のイベントとなる結婚式。新郎新婦として参加するのはもちろん、結婚式の招待を受けて参列する際にも全力で盛り上げて、盛大に夫婦の2人を祝福して忘れられない思い …

結婚相手の職業は大事?女性のホンネとリアルはエグかったwww

「即座」に「安定的」かつ「高給」がベスト はじめに 「俺は今はこんなだけど、いつかはビッグになる!俺を信じてついてきて!」 …と言いそうになっているそこのあなた。お気持ちは分かりますが、止めといた方が …