結婚と離婚に関する男女の恋愛を科学する

結婚と離婚について考察するブログです

離婚について思うこと

不倫でキスしたら法律に触れるの?|不貞行為の定義と結婚することの意味とは

投稿日:2017年4月7日 更新日:

不倫の法律用語は「不貞行為」

 

不倫は浮気の一種 不倫の法律用語は「不貞行為」と言います。法律用語があるという時点でお気づきでしょうが、裁判で争う時にはこの「不貞行為」の事実が論争の中心となります。裁判にならない場合でも、離婚協議をするときには登場するはずです。 そもそも不倫とは浮気の一種で、結婚してから浮気をしたら不倫と呼ばれます。その境界線についてはこれからお話していきます。

愛人がいることを公にしている人は?

たまに男性で愛人がいることを公言している人がいますが、この場合は不貞行為にならないのでしょうか。もちろん結婚している者が、配偶者以外の異性と交際している場合には基本的に不倫になります。でもこの愛人制度は古くから当たり前のように行われてきたことです。 権力や財力のある男性が、若い女性に金銭を渡して囲うことです。今でも水商売の女性なら、このような愛人になっている人は多いでしょう。男性からすると、どことなく憧れを持っている人もいるかもしれませんね。

離婚する際に不利になる

不倫をすると法律で「不貞行為」とみなされますので、離婚する際にはもちろん不利になります。場合によっては慰謝料を請求されることもあります。でも男性が不倫をする場合のほとんどは、離婚をするつもりで浮気しているわけではないのではないでしょうか。 軽い気持ちで火遊びしただけで、離婚を突き付けられて初めて焦るのです。でも不倫はそれくらいのリスクがあることくらいは、頭に入れて理性をもって行動しましょうね。

なぜ結婚したら不貞行為になるの?

日本では一夫一妻制度になっているから なぜ結婚したら不貞行為になるのでしょうか。それはもちろん、日本では一夫一妻制度だからです。今さら改めて言わなくてもわかっているでしょうが、ではなぜこれほどまでに不倫をする人が多いのでしょうか。法律で禁じられている行為であるにもかかわらず。 現代社会はストレスが多く、情報にもあふれているため、欲望を満たしやすい環境が整っていると考えられます。それに女性の社会進出により、男性と女性が出会う機会も増えているのです。一方で独身者はなかなか結婚できないというアンバランスな世の中になっていますね。 既婚者ほど法律を犯してまで不倫をして、独身者はおとなしく家路に着く。今の時代は理性が崩壊しているのでしょうか。欲望を抑えられないのは、ストレスが一つの原因になっているのかもしれません。

結婚は他の異性と交わらないという契約だから

結婚して不倫したら不貞行為になる理由は、結婚という制度自体が、他の異性と交わらないという契約だからです。「結婚なんて紙切れ一枚」と良く言いますが、その紙切れ一枚がとても重みのあることなのです。それは誰しもわかっているはずのことなのに、世の中から不倫がなくなることはありません。 「不倫しても家庭を大事にすればいいでしょ」という屁理屈を言う人もいるかもしれませんが、不倫している時点で家庭を大事にしてないと気づいていないのでしょうか。

お互いに不倫を認めていれば問題にはならない

結婚してからの不倫を夫婦がお互いにお互いに認めていればOKですが、それは稀なケースです。不倫OKと言っても不貞行為に当たらないわけではなく、相手が訴えを起こさないから問題にならないというだけの意味です。 そもそもお互いに不倫を認めている関係は、もはや夫婦の機能を果たしていないと感じます。それでも夫婦でいるメリットがあるのでしょうか。家族という絆が軽く扱われているような気がします。

キスは不貞行為に含まれるの?

厳密に言うと含まれないと言われているが… 不倫でキスをしたら、法律で不貞行為に含まれるのでしょうか。厳密に言うと含まれないと言われていますが、男女関係の面から考えるとアウトですよね。少なくとも不倫であることは間違いありません。そもそも法律で不貞行為に当てはまるかどうかを気にしながら不倫をするなら、風俗に行った方がマシです。 不倫はリスクも大きいですし、相手も既婚者の場合には計り知れないトラブルになりかねません。そんなリスクを負ってまで、欲望を我慢できないのでしょうか。もはや動物の領域です。人間がなぜ人間であるかは、理性があるから。それをなくしたら動物と同じです。 継続的な肉体関係が不貞行為の定義 不貞行為の定義は、継続的な肉体関係と言われています。つまり一回限りのキスならば、不貞行為には含まれない可能性が高いと言えるでしょう。でも不倫に関しては状況によりかなり異なる場合がありますので、絶対的な確信は裁判などになるまで確定しないのです。

法律とか関係なく倫理に反するのが不倫

不倫は法律とか関係なく、倫理に反しているから不倫と呼ばれています。だから男女の肉体関係だけの話ではありません。つまり人の道理に反している行いということですね。法律で定められているから守るのではなく、人として相手を思いやる気持ちがあれば間違いは犯さないはずなのですけどね。 

-離婚について思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不倫で離婚した時の慰謝料】不倫離婚の時の慰謝料ってどんな感じ?

不倫離婚による慰謝料ってどうなるの? 離婚にも性格の不一致や価値観の違いなど様々な理由があるものですが、その中でも非常に多い理由の一つが不倫です。2011年の時点で離婚している夫婦の3%は不倫による異 …

恋人との別れ方は要注意。絶対にやってはいけないNG行動

恋人との別れ方を間違えると危険 Back view of a couple silhouette hugging and watching sun on the beach 「他に好きな女性ができた」 …

【離婚届の正しい知識】ミスしたくない離婚届の注意点と正しい書き方とは?

離婚届こそミスせず書きましょう 夫婦が別れ、新たなスタートの第一歩となる離婚。どうせ離婚してしまうのであれば、いっそ清々しく別れて、後を濁さないようにして憂いが無いようにしながらスッキリと別れて、新た …

離婚したいけど我慢すべき?子供がいる場合に注意すること

離婚したいけど子どもが小さいうちは我慢すべき? 現在の夫婦の関係性がどんな状態かによる 離婚したいけど子どもが小さいうちは我慢すべきでしょうか。それは現在の夫婦の関係性がどんな状態かによるでしょう。も …