結婚と離婚に関する男女の恋愛を科学する

結婚と離婚について考察するブログです

離婚について思うこと

【離婚届の正しい知識】ミスしたくない離婚届の注意点と正しい書き方とは?

投稿日:2017年4月7日 更新日:

離婚届こそミスせず書きましょう

夫婦が別れ、新たなスタートの第一歩となる離婚。どうせ離婚してしまうのであれば、いっそ清々しく別れて、後を濁さないようにして憂いが無いようにしながらスッキリと別れて、新たなスタートを切りたいものですよね。 そんな離婚の際に必ず書かなくてはならないのが離婚届です。ですが、離婚届は書き方を失敗してしまうと別れる寸前だというのに、また新たないざこざを起こしてしまう可能性があります。ですので、どんなことがあってもいいように離婚届の正しい書き方は覚えておきたいものです。今回はそんな離婚届の正しい書き方をご紹介したいと思います。

離婚届入手から提出までの流れ

離婚届を役場で入手する 離婚届は市町村にそれぞれある役場の戸籍窓口にて無料で入手することが可能です。この時、書き直しをすることも十分考えられるのであらかじめ何枚か余分に貰っておくといいでしょう。もちろん何枚貰っても無料なので気にせず貰っていっても問題ありません。 また、実際に離婚した後、姓を相手のものを使い続ける場合はその為の書類も後々提出しなくてはなりません。そのつもりが無くても一応一緒に入手しておき、後で検討出来るようにしておきましょう。

離婚届に必要事項を記入

離婚届を入手したら次はその離婚届に必要事項を書かなくてはなりません。書き方は後述しますが、とにかくミスの無いように離婚届を書くことが大切です。後でミスが見つかってしまうと離婚前だというのに一悶着が起きてスッキリとした別れが出来なくなりますので注意してください。

市町村役場に離婚届を提出

離婚届を書き終えたらいよいよ役場に提出です。離婚届を提出するということは、戸籍を書き換えるということですので、本籍以外で離婚届を提出するときは事前に戸籍謄本を用意しておかなけらばなりません。 離婚届は本人でも代理人でも誰でも提出して構わない物ですが、提出時には身分証明書を提出しなければならない時もあります。離婚届や他の必要書類と共に免許証や保険証のような自分の身分を証明するものを持参してください。また、市町村役場の窓口は午前9時から午後5時までですが、離婚届の提出は時間外でも問題ないので覚えておきましょう。

離婚届の正しい書き方と注意点

離婚届は消えにくいペンで記入 離婚届に文字を記入するときは、消えにくいボールペンやサインペンのようなものを使うのが吉です。鉛筆のような消えやすい筆記用具を使うのは良くないので注意してください。もし書き損じをしてしまった際には、消しゴムや修正液などは使わず、間違えた部分を二重線で消し、その横に訂正印を押すようにしましょう。

戸籍謄本を参考に本籍などを記入

本籍地を書く場合には離婚する前の本籍地を記載しなければなりません。この時、本籍地が分からなかった場合には戸籍謄本に記載されている本籍を書かなくてはなりませんので、離婚届を書くときには戸籍謄本を取得しておくのが吉です。筆頭者の氏名を書く際にも、筆頭者が分からなかったら戸籍謄本を見て書かかなくてはならないので覚えておいてください。

協議離婚の場合には証人の名前も記載する

離婚には裁判離婚や協議離婚などの種類がありますが、協議離婚を行う場合には証人が2名居ないと離婚することが出来ません。そしてその証人に署名、生年月日、住所、本籍地を記載してもらった上で押印をしてもらわなければなりません。 ちなみに協議離婚の証人は20歳以上であることが条件です。もし証人が見つからなかった場合には、離婚届の証人を代行してくれる業者もありますので、それらを検討してみると良いでしょう。

離婚届を提出する際に覚えておきたい注意事項

離婚届を提出する前に慰謝料などの条件を決めておく 離婚届を提出する際、先に離婚届を提出して落ち着いてから慰謝料などの条件を決めようとしたら、その話し合いを拒否、場合によっては連絡すら取れなくなって無視される危険性があります。そもそもそこで話し合いに応じるような人だったら離婚しようとは思わなかったですよね。ですので、離婚でゴタゴタしているタイミングだからこそ、慰謝料などの条件はきっちりと話し合って決めてから離婚届を提出するようにしましょう。

離婚届の提出期限は基本的に10日以内

協議離婚以外の離婚では離婚届に提出期限が設けられており、調停離婚は調停が成立してから10日以内、判決離婚や審判離婚でもそれが確定した日から10日以内に提出しなくてはならないと決められています。もしこの提出期限を守らなかった場合、3万円以下の過料を払わなくてはなりませんので注意してくださいね。

新しい第一歩のために確実に

以上、離婚届の書き方などをご紹介してまいりました。離婚のストレスで大変な時期にミスをしてさらにゴタゴタとしてしまうのは嫌ですよね。そんな時こそ離婚届を正しく書き、新しい第一歩を踏み出してくださいね。

-離婚について思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不倫でキスしたら法律に触れるの?|不貞行為の定義と結婚することの意味とは

不倫の法律用語は「不貞行為」   不倫は浮気の一種 不倫の法律用語は「不貞行為」と言います。法律用語があるという時点でお気づきでしょうが、裁判で争う時にはこの「不貞行為」の事実が論争の中心と …

離婚したいけど我慢すべき?子供がいる場合に注意すること

離婚したいけど子どもが小さいうちは我慢すべき? 現在の夫婦の関係性がどんな状態かによる 離婚したいけど子どもが小さいうちは我慢すべきでしょうか。それは現在の夫婦の関係性がどんな状態かによるでしょう。も …

恋人との別れ方は要注意。絶対にやってはいけないNG行動

恋人との別れ方を間違えると危険 Back view of a couple silhouette hugging and watching sun on the beach 「他に好きな女性ができた」 …

【不倫で離婚した時の慰謝料】不倫離婚の時の慰謝料ってどんな感じ?

不倫離婚による慰謝料ってどうなるの? 離婚にも性格の不一致や価値観の違いなど様々な理由があるものですが、その中でも非常に多い理由の一つが不倫です。2011年の時点で離婚している夫婦の3%は不倫による異 …